探偵の脚本

面白かったのは、キャメロン演じるところの一般女性ジューンの立ち位置。
車好きで、70年代のアメ車のパーツを探すために旅行してきたという設定。
それだけでメカには強い、という印象が際だち、
後のバイクアクションや乱闘にも
素人丸だしのパニクリがない「不自然さ」の理由づけになっていた。
物語中盤で大まかな説明をする機会が巡ってくるので
キャラ設定の裏付けはされるが、それが無くても
プロットが崩れないくらいの説得力があった。
この辺は探偵の脚本の素晴らしさだろう。

そういえば先ほど「ダジャレかよ」とツッコんでしまったが、
それに乗っかるような方向で気になる事がある。
映画タイトルが「ナイト&デイ」で、
さながら昼の世界に生きる女と、夜の世界に生きる男との物語、
といった感じがするわけだが、タイトル文字をよく見ると、
「ナイト」がNIGHTではなくKNIGHTとなっている。
「夜」ではなく「騎士」だ。
確かにこの映画では、彼は女性を守る騎士として活躍している。
騎士、で正解なわけだが。

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ

電話お問い合わせ