探偵物語の1シーン

今の僕…

暫く家を明け出張先から帰宅して

先ずすることはメールボックスを開ける

しょおもない広告チラシに埋もれた

請求書がドヅサリ

ホントどっさりを越える量

シャワーを浴び洗濯機を回しながら

束になった請求書を1ッずつ開封する

机の上に重なってる紙を眺める

昔見た探偵物語の1シーンを思い浮かべる

小心者で

ビビリの僕が

紙片に記載された数字を見て

驚かなくなった

人間…変遷を重ね

揉まれてくると

図太少々のことでは動じなくなってくる

これは決して良いことではない

昔のように

小心者でも

ビビリでもいいから

平穏無事な

サラリーマン生活を思い浮かべるのは

歳をとったせいかも知れない

でも…もう貧乏は嫌だな

普通より少し贅沢な生活を送ってしまうと

後戻りはできない

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ

電話お問い合わせ